クレカがなかったから起きたランドセル購入の失敗談

私には今小学4年生になる息子がいます。

息子は保育園の未満児クラスの頃からずっと仲良しのお友達(Aくん)がいて、家族ぐるみで交流がありました。

これはクレジットカードがあってよかった、と思いつつも少し苦い思いをした思い出話です。

保育園では小学校の入学への意識を高めるため、毎日の活動で「1年生って~」とか「小学校では~」って話をたくさんしてくれていました。

その中に給食やランドセルの話があって、息子とAくんは2人で「おそろいのランドセルにしよう!」と話していたようでした。

ランドセルをわざわざ揃えなくても…とも思いましたが、2人がとても仲がよく、一緒にランドセルを購入することを楽しみにしていたので、じゃあ同じブランドでランドセルを買おうと決めました。

ランドセル 男の子」などで検索して出てきたブランドからいくつか候補を絞りました。

男の子なので丈夫な素材でできたランドセルがいいし、走り回っても肩からずれないフィット性があるものがいいよね、という話になり。

デザインなどもカタログを見て吟味した結果、ある工房系ランドセルに決めました。

そのブランドは店舗が東京の方にしかなく、私たちは展示会に見に行くことに。

ただ、その展示会ではランドセルの購入ができなかったので、後日ネットで注文することになりました。

そして悲劇が起こるのです…。

幸い家が近いので一緒に買っちゃおうか?という話になったのですが、金銭トラブルなどがあると怖いので、購入は各自でということになりました。

我が家はその頃からキャッシュレス家庭でクレジットカードを多用していたのですが、Aくんの家では現金主義。

ランドセルも現金でコンビニ支払いか、振り込み予定でした。

2人で色も全く同じランドセルを購入して、我が家はクレジット決済。
Aくんの家は支払いに行かなければならなかったのですが、その矢先にAくんが夏風邪にかかってしまい…。

看病や病院で明け暮れているうちに、支払期限が切れてランドセルがキャンセルに。
慌てて再注文しようとしたら、この1週間のうちに狙っていたランドセルが売り切れてしまったんです!

Aくんママは大慌てで連絡をしてきました。
ランドセル会社に問い合わせてみましたがどうにもならず、結局2人で再度話し合い、同じモデルの色違いのランドセルを購入しました。

結果的に納得して選んだランドセルなので、色違いだけどモデルはお揃いだし、2人揃うと双子ちゃんみたいで可愛くて、今でも結果オーライだったと思います。

でも、あのときのAくんママの慌て方が可哀想なくらいで心配でした。

そんなトラブルがないようにするためにも、今後はクレジットカードを1枚は持っておいたほうが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です